柊の郷とは

大自然での農業活動

大自然での農業活動

「利用者のみなさまに充実した毎日を送っていただくため、私たちに何ができるだろう?」そう考えたことで生まれたのが、大自然での農業活動でした。

柊の郷では、農業を通して日中活動を行っています。施設周辺には6つの畑と1つの果樹園を有し、さまざまな野菜や果実を育てています。雨の日を除いて、平日の午前中は休むことなく外に出て活動してきました。そうやって農作物の世話をしていくと、野菜や果実の成長とともにみんなの心にもどんどん喜びが芽生えてきます。また大切に育てた野菜たちを収穫するときの達成感はひとしおです。

そんな内側からあふれ出す感情が、みんなの心を豊かにすると考えています。これからも農業活動を通して、みんながこの場所を我が家だと感じられるような施設を目指してまいります。

サービス概要

柊の郷は自然いっぱいに囲まれた、障がいを持った方々の生活のサポートをさせていただく施設です。
現在、千葉県の袖ケ浦市に生活介護施設80名と、グループホーム8棟(10人×8棟)と、奈良県の葛城市には入所施設50名、生活介護施設50名、グループホーム7棟(10人×7棟)の事業を提供させていただいております。
どの事業や施設に対しても、目指すところはひとつ。

利用者のみなさまにとって我が家のように感じてもらえる施設であること。

この考えをもとに、スタッフ一丸となって日々活動しています。
今後はこの地を拠点として、私たちのサービスが各地域の社会に少しでも貢献していけることを目指し、その他 地域にも事業展開を行ってまいります。 どうぞ今後の柊の郷にご期待ください。

定員:50名
生活介護サービスと施設入所サービスを行っています。利用者さまの日常の生活を総合的に支援する施設として運営しています。
定員:10名
ご家族さまと暮らしておられる利用者さまなどが、短期間、一時的に宿泊利用していただけるサービスです。
定員:30名
非雇用型の就労継続支援サービスを行っています。青空の下での農作業など、利用者さまに心地よく活動していただける環境を整えています。
定員:10名 × 2ユニット 計20名
一般的住宅に近い環境の中、利用者さまの自立した生活を支援する施設として運営しています。
定員:50名
生活介護サービスを行っています。利用者さまの日常の生活を総合的に支援する施設として運営しています。
定員:10名 × 5ユニット 計50名
日中から夜間まで、利用者さまの自立した生活を支援する施設として運営しています。
定員:80名
千葉県袖ケ浦市にて利用者さまの日常の生活を屋外活動を取り入れながら、総合的に支援する施設として運営しています。
定員:10名 × 8ユニット 計80名
一般住宅に近い環境の中で、利用者さまの自立した生活を支援する施設です。業界では珍しい、国内産の総ヒノキ造りのグループホームです。ヒノキによる天然の安らぐ薫りの中で、落ち着いた生活をしていただきます。

事業報告

TOPへ